ソフト闇金も結局闇金

ソフト闇金は少し対応が違う

ソフト闇金という名前を聞いたことがあるでしょうか。これは正規の登録を行なわずに貸金業を行っている金融業者のことで、分かりやすく言えば闇金と全く同じものだと言えます。

 

では何故ソフト闇金と呼ばれているのかというと、一般的な闇金は強面の人がお金を貸し取り立ても恫喝したりと恐ろしいイメージがあると思います。

 

ソフト闇金の場合は、きちんと正装した社員が親切丁寧に対応し、利用者の悩みも聞いてくれるといった闇金とは全くスタイルが違う金融会社になっています。

やはり金利設定は闇金

ブラックの人でも自己破産した人でも利用できるようですから、そういった人にはとても頼りになる金融会社だと思われているようです。

 

貸す場合もしっかりと対応し、返済に関しても遅れが出た場合でも恫喝などをすることが無く、優しい口調で返済の連絡をしてきます。

 

これだけ見ていると正規の金融会社とほとんど変わらないと思われるかもしれませんが、大きく違うのは金利の設定です。

法定金利以上に・・・

通常貸金業法で金利の上限が決められているため、決められている金利以上の設定は出来ないようになっています。

 

しかしソフト闇金は登録せずに貸金業を営んでいるわけですから、貸金業法で決められた金利に縛られないと言うことになります。

 

もちろんこれは違法なので、決して行ってはいけないことなのですが、利用者は金利が高くても借りれて助かったと言う人が多く、ソフト闇金の数を増やす遠因となっているようです。

 

ソフトといえども闇金にはかわりありせんから、決して利用しないようにしましょう。