他社借入あり

他社借入ありのキャッシング事情

キャッシング審査において返済能力をチェックされる事になりますが、この返済能力は属性や信用情報を総合的に見て判断されます。

 

属性に関しては年齢や職業、在籍年数等があり、信用情報は審査申込の履歴や借金歴等で、全ての要素は主観ではなく客観的に判断可能な要素です。

 

そこで他社借入件数というものはキャッシング審査でも重要であり、借入件数はなるべく少ない方が審査で有利になります。

 

ブラックの方の場合は他社借入ありの借り入れが多いと思われますが、利息負担もそれぞれの業者に払う必要があり、多重債務状態は業者からすれば、貸し倒れリスクの高い申し込み者という判断になります。

 

他社借入が多い事によって審査を見送られるケースもあり、借金額が多くても件数が少ない方が有利な面もあるのは、一社からの借金が多いという事は信用が高い顧客であり、信用が乏しい場合はそもそも大きな借金は出来ないからです。

借入件数を少なくしておくこと

ですからキャッシング審査に申し込みを行う時には、出来るだけ借入件数を少なくした方がいいでしょう。他社借入が多数ある場合は整理しておく方が有利と言えます。

 

目安としては4件以上はかなり絶望的だと思われます。

 

審査が通らない場合は借入件数がネックになっているという事も多く、いくらブラックOKと言われている業者側としても、貸したお金は返済される可能性が高い客に融資を行うのが普通です。